疲れを溜め込まないために/Runner知恵袋|「Exeo Marathon」エクシオ横浜ランニングクラブ

HOME  >  マラソン・ランニングにお役立ち  >  Runner知恵袋  > 疲れを溜め込まないために

疲れを溜め込まないために

マラソン後に疲れを溜めないためにやっておきたいこと

疲れを溜め込まないために

食事は毎日のパワーの源。マラソンやランニングをしている方にとっては、本当に大切な物です。みなさんは、どんな料理を食べていますか?
「コンビニ弁当ですませている」「スタミナが必要だから肉ばかり食べている」「大好きな炭水化物ばかり食べている」
それでは、いけません。パワー不足にならないよう、しっかりと栄養を考えながら食べましょう。出来合いの物ではなく、自分で料理したものを食べれば体調の管理もばっちりです。
マラソンやランニングはスタミナ勝負。エネルギーもたくさん必要となりますので、バランスのとれた食事を心がけましょう。
今回は、パワーが湧いてくる料理のレシピをご紹介いたします。

ランニング前のストレッチを行いましょう

ランニング前のストレッチを行いましょう

ランニングを始める前に、リンパの節となる部分を指圧やマッサージをするようにしましょう。場所は、股関節、鎖骨、耳の横で、この部分をマッサージすることで代謝が上がり、運動効率がよくなると言われています。

特に股関節は、リンパの関所とも呼ばれている非常に重要な場所。この部分が詰まっていると下半身のリンパの流れが悪くなます。

ランニング後のストレッチを行いましょう

ランニング後のストレッチを行いましょう

ランニングを行った後は、必ず使った筋肉を伸ばすようにしましょう。特にももの裏をしっかり伸ばすようにしてください。
時間は、ランニングを行ったのと同程度が理想とされていますが、フルマラソン後など難しい場合はシャワーで済ますのではなくゆっくりと湯船につかり、ももの裏を重点的に揉み解すようにすることも効果的です。

また、血圧に問題がないという人は、水風呂など温冷浴を併用するとより効果的だと言われています。

筋肉を冷却しましょう

筋肉を冷却しましょう

プロのアスリートが試合直後に太ももに氷嚢やスプレーを当てている姿を見た事のある人も多いのではないでしょうか。筋肉全体量の40%占めるのが足ですから、足を水に浸けるのも効果的と言われています。

行うタイミングは、ランニング直後が好ましいと言われています。

睡眠を十分に取りましょう

睡眠を十分に取りましょう

疲労を溜めないために最も重要な事柄です。特に22時から2時までは成長ホルモンが多く分泌されていますので、この時間はしっかりと睡眠を取ることを心掛けたいものです。

ランニングで疲れた身体だけでなく、疲労を溜めない体作りの基本となります。
十分に睡眠時間を確保するように日頃から注意しましょう。

タンパク質を中心とした食事を摂取しましょう

タンパク質を中心とした食事を摂取しましょう

可能であれば、ランニング後30分以内にタンパク質を摂ると良いでしょう。
疲れにくい体を作るためには、筋肉の強化も必ず行っておきたいポイントです。
運動直後に良質なタンパクを摂り、効率良く筋肉増強を行っているアスリートも少なくはありません。

せっかくランニングを行い、健康的な体作りをするのですから効率良く両立な筋肉を作りましょう。

可能であれば、ランニング後30分以内にタンパク質を摂ると良いでしょう。
疲れにくい体を作るためには、筋肉の強化も必ず行っておきたいポイントです。
運動直後に良質なタンパクを摂り、効率良く筋肉増強を行っているアスリートも少なくはありません。

せっかくランニングを行い、健康的な体作りをするのですから効率良く両立な筋肉を作りましょう。


※この情報は変更することがありますのでご注意下さい。

横浜地域以外のランニング婚活パーティーはこちら Runner知恵袋 大人気!ランニングイベント スタッフブログ エクシオが選ばれる理由 プライバシー