『横浜マラソン」を応援!「Exeo Marathon」エクシオ横浜ランニングクラブ

HOME  >  横浜マラソンコースガイド  > コースの見どころ

コースの見どころ

横浜マラソンコース

横浜マラソンコースマップ

横浜マラソンは誰でも参加できるマラソン大会として有名ですが、その街並みを眺めながら走る事もその醍醐味の1つです。
そのコースそれぞれのみどころポイントをご紹介します。

スタート地点

みなとみらい地区

みなとみらい地区をスタート地点として出発する横浜マラソン。これぞ横浜という景色が広がります。これぞ横浜といわれる横浜ランドマークタワー、その足元に広がる日本丸メモリアルパークよこはまコスモワールド、中でも横浜のシンボルであるみなとみらい大橋が2016年横浜マラソンのスタート地点になります。約2万5千人のランナーで埋め尽くされる景色こそが、最大のみどころかもしれません。横浜マラソンの名前とともに、新たな横浜の風物詩となるでしょう。

経由地点

関内・山下地区

横浜港開港当時より、横浜の中心的な役割をつかさどる関内・山下地区。横浜の行政機関の多くが集まると同時に、有名な観光地としても人気のこの地域は歴史ある建築物やたくさんの観光名所があります。
再開発され、きれいに生まれ変わった「赤レンガ倉庫」では季節に合わせたイベントが開催されています。神奈川県庁本庁舎横浜税関横浜市開港記念会館は、それぞれキング・クイーン・ジャックで有名な「横浜三塔」と呼ばれ、横浜港のシンボルとして長年市民に親しまれています。その他にも「横浜中華街」「横浜スタジアム」などみどころがいっぱいの地区を横目に見ながら南へと進みます。

経由地点

首都高速湾岸線

目の前にはみなとみらいの見慣れた景色を眺めつつ、右手には横浜ベイブリッジから広がる横浜港。普段は車で通り過ぎるだけの景色であるこの地点を、首都高・杉田から本牧ふ頭までの区間、海風を浴びながらベイブリッジと同じ高さで走り抜けます。なかなか体験することのできない世界です。

ゴール地点

みなとみらい地区

42.195km、フルに走り切ったその最後を飾るのは、やはり横浜のシンボルみなとみらい地区です。フィニッシュテープは臨港パークに設けられ、そこからは横浜港が広がり、ベイブリッジを臨む解放感あふれる景色と共にランナーの感動的な瞬間を出迎えます。

横浜観光ポイント 豆知識

横浜ランドマークタワー

横浜ランドマークタワー

みなとみらい地区のシンボル的なビル。ショッピングモール、レストラン、オフィスのほかホテルなども入る複合施設です。70階建て、296mの高さは総合タワー施設としては日本一とされています。

日本丸メモリアルパーク

日本丸メモリアルパーク

建造昭和5(1930)年の日本丸を現役当時のまま保存し一般公開しています。 みなとみらい地区で最初に整備された公園です。

よこはまコスモワールド

よこはまコスモワールド

都市型立体遊園地で、入園は無料。アトラクションのみチケット制になっています。コスモクロック21(観覧車)は横浜のシンボルであり、世界最大の時計機能付き大観覧車です。

赤レンガ倉庫

赤レンガ倉庫

横浜港にあるレンガ造りの歴史的建造物。現在は展示、ホール、レストランなどの商業施設として観光ポイントになっています。

山下公園

山下公園

横浜港に面した臨海公園です。ベイブリッジや大さん橋を臨み、海を眺めながらのんびり出来るポイントとして有名です。

氷川丸

氷川丸

1930年に太平洋を横断しシアトル航路へ就航した高速貨客船。現在は船内の一部を見学できるほか、氷川丸の歴史も紹介しています。

中華街

中華街

開国当時から150年の歴史を持ち、600店以上店舗がある、日本最大の中華街です。

横浜観光ポイント
横浜地域以外のランニング婚活パーティーはこちら Runner知恵袋 大人気!ランニングイベント スタッフブログ エクシオが選ばれる理由 プライバシー